剱岳八ツ峰 (Ⅵ峰Cフェース~上半縦走)2014/09/19

源次郎尾根や北方稜線から間近に眺めた八ツ峰は、とても険しく気高く美しく、その稜線に立つクライマー達の姿と共に、ずっと脳裏に焼きついていた。
まさか自分がそこに立てるとは、夢にも思っていなかったけど・・・チャンスはふいにやって来て、迷わず前髪ガッチリ掴みました。


長次郎谷から。頭の真上の三角がⅥ峰Cフェース、左隣がDフェース。

 
取り付きからこんな絶景!なのにデジカメ忘れた(泣) しょうがないから携帯カメラで。


無風、快晴、フェース貸切!最高のコンディションです。 


空に向かってぐんぐん登ります。


核心のナイフリッジ。
足場が無いのでどうしようかと思ってたら、「ハンドトラバース!」と指示が飛んで来た。 え?ハンドトラバース?ってこんな感じ?とやってみたら、怒られなかったから概ね間違ってはいなかったらしい(たぶん)


Cフェースの頭にてガイドさんと。
1本のロープで3人登る方法、支点の作り方、セルフビレイの取り方、懸垂下降時のロープの処理、足を使ったロープのさばき方等々、プロのガイドの使う技はとても勉強になりました。そして自らの知識の無さを改めて痛感・・・


八ツ峰の頭まで、よじ登っては懸垂下降、よじ登っては懸垂下降、の繰り返し。


懸垂下降、7~8回したかも。
ゲレンデの垂壁を真っ直ぐ下りるのと違って、斜度の緩い斜め懸垂の方が意外と難しい。


懐かしの北方稜線から、八ツ峰を振り返る。さっき、あそこに立ってたんだ・・・


本峰から剣沢のテン場へは休み休みゆっくり下り、夕焼けに染まる剱を眺めながら夕食をいただき、余韻に浸る?いやいや、楽しすぎて興奮冷めやらぬままの夜でした。


最終日は別山の岩場で、ミニ講習会をしてもらいました。
この日は風が冷たくて日陰は凍えるくらい。昨日は無風でホントに良かった~


3日間共快晴で、素晴らしい景色を楽しみながら登れました。
意外にも体力的には余裕があったので、もう少し登る力をつけてこの体力を維持できれば、来年○○○行けるかも・・・あぁ、また病気が悪化してしまった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hanatorikazetuki.asablo.jp/blog/2014/09/19/7448514/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。