高松山~一ノ倉川2013/03/24

今年も天候に恵まれて、空がとても綺麗な日でした。

真ん中の真っ白い三角が目指す高松山、山頂の雪庇が見えます。


右手に高松山を見ながら。

 
振り向けば、放山、権現岳、鉾ヶ岳。

 
左手には焼山、火打山。

 
アマナ平の向こうに空沢尾根。

 
全く樹木の無いスカイラインを登って行きます。

 
稜線から湧き上がる雲。

  
山頂はもう間近。

 
山頂から、昼闇山の尾根の向こうに阿弥陀、烏帽子、前烏帽子。

 
山頂直下の大斜面にシュプールを描く。

 
翼があれば、飛んで行きたい・・・

 
一ノ倉川へ。デブリさえも美しい。

 
やっぱり頚城の山の雪景色は絶品ですね。
毎年何度も通っていて、一度も外した事が無い私の強運も相当な物だと思うけど。

空沢山2013/03/09

先日20℃まで気温が上がって悪雪必至、しかも強風予報とあって、普段ならパス!のコンディションですが、 たまには悪雪の滑りも練習しとかないとね。

下界の雪は一気に溶けましたが、笹倉温泉はさすがにまだ雪がたっぷり。


朝方は曇っていたお陰で林道は凍結していなかったので、クトー無しでショートカットOK


いつもなら渡渉できるポイントを探すのに苦労するのですが、今日は素晴らしいスノーブリッジの横にピタリと出て、難なく通過。斬り込み隊長の出番がありませんでした。
ここから北斜面の急登になるのでクトーを着けましたが、無しでも充分登れた感じ。


放山の向こうに権現岳、鉾ヶ岳


阿弥陀、烏帽子、前烏帽子。


1200m辺りまでは風があまり無かったので、暑くて汗だく。


山頂手前で轟音と共に強風に襲われて滑落しかけ・・・風が弱まるまで身動きできず。
氷の粒が飛んで来て顔が痛いっ!


山頂も耐風姿勢を取って立っているのがやっとでカメラも出せず・・・
雪庇の陰に避難して滑走準備。


頚城山系とは相性が良くて、いつ来ても素晴らしい絶景の中を滑れるので大好き♪
でも、今日の雪は板が引っかかってなかなか難しい。


風の無い所まで下りてから休憩してると、さっきの強風がウソのようにのどか。
山頂からは撮れなかった焼山を。


去年登った高松山。また行きたいな。


斬り込み隊長が登りに付けてくれたトラバース用のトレースを使って、シールを着けずに強引に登り返して、あっという間に下りて来ました。5時間半で下山って、最速タイム。


今年はパウダー三昧で滑りは楽してたので、やっばり雪が悪いと途端に足に来ました。
強風も短時間で急激に体力を消耗します。来週は穏やに晴れてくれますように。

大渚山2012/04/08

アラスカの写真の整理もまだだし、病み上がりだし、週末は大人しくしていよう・・・と思ってたけど、土曜は雪降り日曜は晴れ!では、じっとしていられる訳もなく。

ハイペースのラッセル隊長に引っ張られて、2時間余りで雲ひとつ無い山頂到着。


日本海から連なる後立山の山並みがくっきり。


振り向けば妙高方面。360度素晴らしい眺め。


軽く腹ごしらえしてから、いざ、雨飾山に向かって、北斜面へDive!


期待通りのパウダー♪快適な斜度とブナの疎林で気分最高です!


日本海まで見渡せて景色も最高!ではもう一本。


計3本。ここは谷と違って雪崩の危険も少ないので安心して滑れました。


お楽しみの後は、せっせと登り返す。ガソリン補給したラッセル隊長、ますますペース速くて着いてけない。


南面の雪も予想通り。足を取られて、久しぶりに頭から突っ込んで一回転しました。


今シーズンスキーを始めたばかり(山だけでなく、板自体履いたのが初めて)とは思えない滑りっぷりで、この悪雪を殆ど遅れもせずこなすYu君。ラッセル隊長のスパルタ特訓の成果。


4月の低山でこんなパウダーが楽しめるなんて、滅多にない幸運でした。
でも、 昨年同様、 麓の雪解けが遅れると林道の開通も遅れて、初夏の高山の花見に間に合わなくなる可能性が・・・もう中低山には降らなくていいよぉ。

三田原山2012/01/22

三田原山は毎年登っているけど、今日は初めてトップバッターでした。


風か弱くて穏やかな稜線。妙高山も優しげな表情です。


黒姫、佐渡山、高妻、乙妻、火打、焼山、北アルプス、日本海・・・いい眺めだね~

 
杉の原のゲレンデの真ん中にあるご神木「しなの木」
スキー場建設が決まった時、この木を残すために心を砕いた地元の方々がいたのでしょう。新緑の頃も、さぞ美しいでしょうね。

今週はずっと気温が高かった上に天気予報もイマイチで、ガスガス&モナカ雪の苦行か? と思っていたら、予想外にいいお天気と滑りやすい雪で楽しめました。
詳細はこちら

大渚山2011/03/27

今度こそ今シーズン最後?の新雪を楽しんで来ました。


山頂直下の雪庇も今年は立派です。


雪が多くて藪が全く無い!ので、いつもの大渚山とは別の山のよう。林道まですいすい飛ばせて快適な滑りでした。


やっぱり山へ行って充電する、と気持ちが晴れて元気になります。
足踏みしていた春も、ようやく訪れそうです。