剱岳八ツ峰 (Ⅵ峰Cフェース~上半縦走)2014/09/19

源次郎尾根や北方稜線から間近に眺めた八ツ峰は、とても険しく気高く美しく、その稜線に立つクライマー達の姿と共に、ずっと脳裏に焼きついていた。
まさか自分がそこに立てるとは、夢にも思っていなかったけど・・・チャンスはふいにやって来て、迷わず前髪ガッチリ掴みました。


長次郎谷から。頭の真上の三角がⅥ峰Cフェース、左隣がDフェース。

 
取り付きからこんな絶景!なのにデジカメ忘れた(泣) しょうがないから携帯カメラで。


無風、快晴、フェース貸切!最高のコンディションです。 


空に向かってぐんぐん登ります。


核心のナイフリッジ。
足場が無いのでどうしようかと思ってたら、「ハンドトラバース!」と指示が飛んで来た。 え?ハンドトラバース?ってこんな感じ?とやってみたら、怒られなかったから概ね間違ってはいなかったらしい(たぶん)


Cフェースの頭にてガイドさんと。
1本のロープで3人登る方法、支点の作り方、セルフビレイの取り方、懸垂下降時のロープの処理、足を使ったロープのさばき方等々、プロのガイドの使う技はとても勉強になりました。そして自らの知識の無さを改めて痛感・・・


八ツ峰の頭まで、よじ登っては懸垂下降、よじ登っては懸垂下降、の繰り返し。


懸垂下降、7~8回したかも。
ゲレンデの垂壁を真っ直ぐ下りるのと違って、斜度の緩い斜め懸垂の方が意外と難しい。


懐かしの北方稜線から、八ツ峰を振り返る。さっき、あそこに立ってたんだ・・・


本峰から剣沢のテン場へは休み休みゆっくり下り、夕焼けに染まる剱を眺めながら夕食をいただき、余韻に浸る?いやいや、楽しすぎて興奮冷めやらぬままの夜でした。


最終日は別山の岩場で、ミニ講習会をしてもらいました。
この日は風が冷たくて日陰は凍えるくらい。昨日は無風でホントに良かった~


3日間共快晴で、素晴らしい景色を楽しみながら登れました。
意外にも体力的には余裕があったので、もう少し登る力をつけてこの体力を維持できれば、来年○○○行けるかも・・・あぁ、また病気が悪化してしまった。

五竜遠見2013/03/30

小遠見から臨む、五竜岳から鹿島槍北壁の絶景。


3ヶ月ぶりの歩きの山は、狙い通り雲海の上でした。
スキーと違って転ぶ心配がないので一眼を持って行きましたが、やっぱり冬用グローブでタッチパネルは難しい・・・グローブの陰もあちこち写り込んでたし(泣)

横前倉山2013/02/10

横なのか?前なのか?後ろはあるのか?と、突っ込みたくなる名前の山ですが、噂どおり素晴らしい大斜面が広がるパウダー天国でした。


でも、山頂直下の無木立の急斜面は雪崩れれば地獄の予感・・・で撤退。


命は大切に。来週もパウダー楽しみたいからね。詳しくはこちら

爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳2012/04/28

今年のGWはずーっと仕事、の予定だったのが変更になり、残業時間も既に規定をオーバーしていて、4月中はもう1分も働らいてはいけないらしい・・・
お天気もいい事だし、去年のGWのリベンジに行ってみましょか。という訳で、疲れと睡眠不足の溜まった身体に鞭打って、2時寝4時起きで扇沢へ車を飛ばす。

ここ1週間ほど気温が高かったせいか、雪は去年より少なく、所々夏道も出ていました。去年は結構カチコチで滑りやすかったけど、今年は緩んでいるので歩きやすくて快調なペース。

 
途中から、歩きにくい樹林を出て雪の上を直登する。 滑ったらシャレにならない急斜面だが、ツボ足とピッケルで問題なし。帰りはここを500mほど滑り下りたので速かった。

 
JPから、蓮華岳、針ノ木岳方面。


爺ヶ岳南峰への稜線も 去年より雪が少ない。日当たりがよい所は雪が腐ってズボズボ。はまると抜け出せなくなるので、足の置き場に気を付けながら進む。

 
完全に夏道になってしまって、ピッケルを持て余す・・・それにしてもいい景色。

 
種池山荘の向こうから剱が顔を出した。

 
爺ヶ岳南峰到着。鹿島槍が呼んでいる。暖かく風も穏やかで、上着も必要ない。

 
手前が中峰、奥に北峰。 中峰へ稜線伝いに登る。トラバース道はまだ雪が固くトレースが付いていないようで、中峰を巻いて楽をしようとした2人組みは難儀している様子。 

 
稜線は雪と夏道と所々に氷が入り混じるが、トレースも有り、あまり危険な箇所は無い。
時間もたっぷりあるので、写真を撮りまくり、景色を楽しみながらゆっくり歩く。

 
中峰でも休憩して絶景を楽しむ。


この谷の奥は十字峡だ。

 
生クリーム♪暑いので、ケーキよりもアイスを連想してしまう。


皆さんマナーがよろしいようで?立入禁止の北峰には誰も登っていない。
布引山、鹿島槍南峰、北峰、冷池山荘も見えて来た。


雪の中から掘り出された冷池山荘に到着。営業初日で飲み物のプレゼントがありました。
思ったより空いていて、部屋は同じく単独行の女性と2人だけ。彼女は赤岩尾根から登って来たけど、よほど怖かったらしく、下りる自信が無いと言って、結局南尾根から下りることにしたらしい。私も小屋の人もその方が安心です。


夕食後、2階のサンルームから、剣岳に沈む夕陽を眺めて過ごす。


同室の彼女が顔にタオルを乗せたまま、イビキもかかず寝返りも打たず、死んだように気配を殺して静かに寝てくれたお陰で、珍しく熟睡できたので、星空を見逃してしまった。。。
穏やかな朝。テン泊の人達も昨夜はよく眠れたでしょう。

 
おはよう、剱。

 
ストック泥棒に遭う(怒)!という信じられないアクシデントで予定より30分遅れで出発。
間違えたのではなく、故意に盗んだとんでもない奴がいたのです。幸い犯人はすぐ見つかってストックは無事に戻ってきたけど。盗んだ理由が「下山の時に無いと困るから・・・」 盗まれた人が困ってもお構い無しらしい。他人の物とわかっていても欲しければ奪う。完璧な泥棒だ。
ストックならまだしも、アイゼンやピッケルだったら命に係わる事にもなり兼ねない。小屋での私物の管理には気をつけないといけませんね。

 
布引山への登りからは、殆ど夏道が出ている。折角アイゼンを着けているのにつまらない。。。雪庇に乗らないように気をつけながら、 山頂直下の急斜面を直登してみる。

 
布引山から、立山、剱、北方稜線。右手前の牛首山も真っ白で美しい。


あちこちで雪庇が割れて崩れ始めているので、後は大人しく夏道を行く。

 
鹿島槍南峰から臨む、キレット、五竜、唐松、白馬、雪倉、朝日・・・


北峰へは急下降。連れがいれば行きたいんだけどね。 

 
奥に見えるのは僧ヶ岳かな?

 
爺ヶ岳から登って来た稜線。遠くには槍も見える。


どこの山に登っても、剱岳が見えるとほっとする。特に単独の時は。
「頑張れよ」と励まされてる気もするし、「無茶すんな」とたしなめられてる気もする。きっと無事に帰って、また君に逢いに行くよ。 

 
なごりを惜しんで振り向くと、ちょうど三山の上に、綺麗な雲がかかっていた。

 
山荘に戻って腹ごしらえしてから下山開始。

 
JPから大町を見下ろす。 JPにテントを張っているパティーも何組か居ました。


快晴で暖かく風も無い、絶好のコンディションに恵まれて、春山満喫の2日間でした。次回は、東尾根から赤岩尾根へ、ぐるっと回ってみたいものです。体力とスキルと連れが必要ですが。

蒲原山2012/01/15

稜線(1330m)にて


取り付きから終始深いラッセルに難儀しましたが、穏やかな天候に恵まれ、大勢でわいわい楽しく登れました。 (ラッセル中以外は・・・)


山腹からは大渚山が。。。

気温が上がったため、下部は深くて重い雪に足を取られて、やや苦戦。
そうそうパウダー連ちゃんとは行きませんね。 詳細はこちら